2016年01月12日

沖縄防衛局長の更迭是非、参考人招中里允保致見極め

沖縄県宜野湾市長選をめぐり沖縄防衛局の真部朗(まなべ・ろう)局長の「講話」が行われていた問題で、野田政権は2日、真部氏が参考人招致される3日の衆院予算委員会での審議を見極めたうえで更迭の是非を判断することを決めた. 防衛省による調査の進み具合や政権への影響も、判断の焦点となる. 政権内では真部氏の更迭論が広がっているが、田中直紀防衛相は2日夜、記者団に「明日(3日)を見守りたい」と説明. 首相官邸高官も「参考人招致を踏まえて対応を決める」と語った. 首相周辺は「ここまで騒動になってしまっては更迭は免れないだろう」としながらも、野党側の出方を見極める考えを示した. 2日にあった防衛省の「業務適正化委員会」では、昨年3月の防衛省人事教育局長の通知を説明. MBT rehodalro 「選挙に関する基本的態度」として「隊員に対して個人の資格での積極的な選挙権の行使を助長する」と記され、訓示などを「容認される行為」と分類している. その結果、会合では真部氏の行動は「現状では服務規定違反になっていない」(下条みつ防衛政務官)と判断した. カール・ラガーフェル中里允保ド、エイミー・ワイン
posted by TeraoMai at 01:15| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。